Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>






qrcode





いらっしゃいませ♪
アクセスカウンター
いらっしゃいませ、welcome to my blog! Author:やさぐれ猫 

※すべて私の個人的意見+妄想なのでご理解お願いします。読みたくない方は戻るボタンをクリック!Recount from 2015.01.23

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2018.06.07 Thursday | - | - |

キセキ〜希望のソビト〜 あらすじと感想
21:56
今日も映画を観てきました!

あらすじ

簡単にストーリーを。ネタバレあり。

キセキ〜希望のソビト〜

菅田将暉さんと松坂桃李さんが出てますね。
(綺麗どころがみたい気持ちだった)

松坂桃李くんがお兄ちゃん役で菅田将暉くんが弟役。
お父さんが子供にとても厳しい医者。
桃李くんは反発してるバンドマン、ジン。
菅田くんは医師を目指す学生、ヒデ。

父の意向をついで医師を目指すけど、医学部受験に失敗して歯科医になることにしたヒデ。
歯科医の大学に合格。
ずっと音楽が好きだったヒデは、大学で出会った仲間と組んで自分で曲を作り、兄にアレンジを依頼する。

ジンはメジャーデビューを目指してバンド活動をしていたが、プロデューサーに「メタルは売れない」と否定されメンバーは解散。限界を感じていた。

ジンはヒデの曲をアレンジした「声」という曲のライブ音源をプロデューサーに提出。プロデューサーからはCDデビューの提案。
ジンは父にバレないように、ヒデたちの顔を隠してのデビューを懇願する。

音楽に夢中になって勉強に行き詰まり、歯科医になるのか、音楽をやるのか悩むヒデ。
ジン「お前には才能がある、やりたくてもできないやつもいる。続けろよ!」

ヒデが出した結論。
歯科医も音楽も両方。

そして
「キセキ」という曲が生まれる。
オリコン1位を獲得。

ーーーーー

感想

GReeeeNが好きな人にはぜひ見て欲しい!
もっとGReeeeNが好きになりますよ。
父怖すぎてちょっと焦りますが。

そういう状態の中でキセキという曲がうまれたのかーと感動できる。
爽やかでいいです。

桃李くんのヒゲは似合わなかったけどいいお兄ちゃん役でした。
菅田くんは大人しすぎるかな。
彼ならこうはならないって思うところがあって。

GReeeeNの中の人は真面目だと。
つくづく感じました。
もっとGReeeeNが好きになりました。

| 2017.03.07 Tuesday | 映画 | comments(0) |

ラ・ラ・ランド感想
22:41
今日は暇だったので映画観てきました。
若干ネタバレあるかもしれないので注意。

テレビでアカデミー賞作品賞を受賞しそこねたのが話題の「ラ・ラ・ランド」。
先に言いますが
あんまりいい感想じゃないです。
すみません。

ミュージカル調のCMからハッピーな映画なんだと思い込んで見に行ったら違ったからがっかりですわ。
サッドエンドの映画はあんまり好きではありません。

出だしのフリーウェイでのオープニングは圧巻でした。
あんだけの人数でワンカットで撮っているのはすごい。

途中まですごいよかったんです。
丘の上で躍るシーン。
恋してるシーン。
プラネタリウムを抜けて星空の中で踊るシーンは最高に素敵でした。

いやー、
あんだけ素敵な恋にしたんだからさ。
素敵エンドにすればいいじゃん。

最後よ。
マジ脚本書いたの男だろこれ。
ディスってるだろ女を。と思ったよね。

永遠の恋なんて信じるのは
男ばかりなんだって。
そんな馬鹿げたメッセージが。

違うよ。

いつも女を裏切るのは男なんですよ。
泣いてる女の方が多いんですよ。

あいまいにしたのは男じゃないか。
先に裏切ったのも男じゃないか。
それを最後貴女を思い続けている?
そんなかっこつけていただいてもね。

残念だった。
映画はリアルを語ることができるけど
夢も語ることが出来るものなのに。
だからサッドエンド嫌いなんだよ。

で、観終わった後から調べて
脚本書いたの男性。
しかも若い男性。
監督もやっている。
あちゃー。

ただ主演の女優さんと俳優さんは
ほんとにすごいと思いました!
主演女優賞納得です。
歌も踊りも演技もかっこよかったです。

恋人と見に行く予定の方にはまったくオススメできません。
破談になる可能性ありです。
ハッピーエンドではないです。
気を付けなはれや!!

| 2017.03.03 Friday | 映画 | comments(0) |

風立ちぬ
22:31
本日は風立ちぬを見てまいりました。
銀魂の映画を見てから気になっていて(嘘)

主人公が飛行機の設計をしていく姿にとにかく心踊りました。
夢の中で憧れの設計者に出会ったり。
よき同輩に恵まれて切磋琢磨して成長したり。
夢を叶えるってすごいことだと思いました。

そしてみんな戦争を望んでいなかったこともありありとわかる描写。

ある種他人事のように国の戦いを見ています。
外国を見てきた技術者たちは日本が20年は遅れていることがわかっていて、到底勝てないと知りながら飛行機を作ります。

主人公はただ美しい飛行機が作りたかっただけで。
失敗して励まされて立ち上がって。
まっすぐに美しい恋をして。

あと宮崎アニメ独特のあの昔の日本の雰囲気を感じて背筋に寒気が走る。
本当になぜあの絵があの雰囲気を出すのかわからないです。
見たことがないはずなのに見たことがある気がして。
駿さんはやはりすごいですね。


| 2013.08.17 Saturday | 映画 | comments(0) |

ボクたちの交換日記
00:44
内村さんの監督された
「ボクたちの交換日記」
を伯爵と見てまいりました!



泣きました!
大泣きしました!

夢を追うお笑いコンビの
相方を思う切ないほどの気持ち

若い時は
周りに評価されなくても
お笑いが好き
相方が好き
相方と頑張りたい
いつか売れてみせる
その気持ちだけで頑張れて

ある時自分に感じる限界
同期や後輩の台頭
借金
家族ができる
守らなくてはいけないものが増えて
向き合わなければならない現実
心の穴に釘をねじこむような
大人の事情

相方
誰よりも君が好きだから
君の才能を知ってるから
君の足を引っ張っているのが僕なら

君に僕の夢を託すよ

必ず売れてみせろ
必ず夢をつかめ

お金でどうにかなる夢なら
諦めるな…


ウッチャンの芸人さんへの愛が
死ぬほど伝わってくる

自分で自分の才能を
見限らねばならない辛さなんて
自分のずっと追いかけた夢を
諦める辛さなんて
体験した人しかわからないだろう

自分じゃなくて
人の言葉で
夢を諦めなきゃいけないなんて
いったい

大人になるってそういうことなら
私はずっと子供でいたい
バカみたいに
死ぬまで夢見て生きるよ

今を生きる芸人さんたちが
みんな幸せになれるように
志半ばで辞めた方にも
新しい夢ができ
みんな幸せになれるように!

| 2013.03.27 Wednesday | 映画 | comments(0) |

映画3本見ました
19:27
ネタバレございますのでこれから見る方は読まなくていいよ。

1.マリー・アントワネット
CM見たときからずっと見たかったやつ。
思っていたよりも、マリーちゃんの洋服がおとなしく上品なものが多かった。
デザイナーさんがそういう趣味なんだろうな、と思いました。
行ったベルサイユとかが映るから、とっても好きなんですよね〜。
終わり方も独特でした。首切りまでいかないっていう。
マリーの人生、何度見ても劇のようで。
お庭で子供と遊んでる図が素晴らしかった。
子供がフランス語喋るのが、本物のようで可愛くて。
子供が出来てからの色が全体的に白で淡くて、母の感じがでてて良かった。
オーストリア女として蔑まれて、母からのプレッシャーもあって、
王太子には相手にされなくて、常に黒い噂に囲まれてる
そんな彼女の苦悩がうまく描かれてたと思います。
オペラの後の拍手の描写は戦慄だったねぇ。
何も知らないで死んでいった美しい王妃。
やっぱり最後のおじぎのシーンは美しい。
当時の王宮は、これよりもずっとずっと輝いていたんだろうな。
史実に基づいたおとなしい映画です。
アクションとかないし、時の流れがゆるやかなので、
どちらかというと美しさを楽しむもの。

2.実写版 忍玉乱太郎
これも見たかった。
漫画も持ってるくらい本編も忍者も好きなんで。
残念ながら私にとってオタク要素はないんですけど、この作品。
そこまでショタ好きじゃないんで笑
だから色々キャラ出てきたけどわからん人多かった。
利吉兄ちゃん、やっぱかっこよかった。
好きな漫画実写化の楽しみは、誰がどのキャラやるか、ですよね。
せいしろうくんが体当たりの演技でだいぶがんばってました。
しんちゃんの映画を彷彿とさせるラストでしたね。
子供向け+オタク向けって感じだったかな。

3.重力ピエロ
久々に邦画を見ました。友達が見たがったので。
私あまり見ないんですよね、邦画。
日本の映画って精神描写が強いし心のひだに触れる表現が多くて、
ものすごく共感してものすごく影響されてしまうからあんま見ません。
そう、これぞまさに影響されましたね。
見終わった後の絶望感に似た喪失感、不達成感。
全く消化できなくて「ああ〜!」と友達のベッドの上で苦しみもがいてました。
だめだ!弟にそんなことさせたら絶対だめだ!
すいません、私も弟いるので。
私だったら絶対止める。そして自分ひとりでやるよ。
弟にそんな十字架は絶対に背負わせない。
兄ちゃん。私は止めて欲しかった。
自分でけりをつけるなんて、そんなもんじゃない。
あんたに最後まで、弟のこと守って欲しかった。という勝手な意見。
友達は二人ともに何もしないで帰って欲しかったと。
人によって見方が違うんだな、と実感。
弟がずっと自分の生い立ちを考えて生きていたんだと思うと、悲しくて。
兄弟愛、家族って何、みたいなものが美しかった。
兄弟に幸せになってほしい。

さ、寝よう。おやすみなさい。

| 2012.01.24 Tuesday | 映画 | comments(0) |

コクリコ坂から 見てきた
23:17
 

コクリコ坂見たいと騒いでいて

見てきましたよーーー

楽しかったー

吾郎さんがんばったんじゃないでしょかー

爽やかで真っ直ぐな高校生の恋

血気盛んな昭和の時代

東京オリンピックの少し前 

胸キュンポイントがいっぱいあって

DVD化したら絶対もう一回見たいです

風間くん と 海ちゃん 可愛かったよ!

耳をすませばの再来といった感じでしょうか。

海ちゃんの素直さが好きかな。

学生達が生き生きしてて部活ばっかやってて

学校が本当に楽しそうだった

カルチェラタンという部室塔が出てくるんだけど

その中がまたとても素敵なんだよね

ごちゃごちゃしてて

いかにも宝物が溢れてる感じがして

あの中入りたいわ!ってなった

いやもちろん風間くんもかっこいいんだけど

生徒会長もまたかっこいーんだよね

爽やかで秀才すぐる

でも風間くんかっこよかったなぁ

あのぐらい不器用で頼りがいある男が好きだなぁ笑

特に最後のシーンと曲のマッチ加減は完璧だったと思う

序盤わずかに感じた違和感は吾郎さんの遊びということにして

期待を裏切らなかったジブリ

次回作にも期待します

| 2011.08.17 Wednesday | 映画 | comments(0) |

おもひでぽろぽろ
15:52

さっきジブリのおもひでぽろぽろを見たよ。
ぶっちゃけ初めて見ました。

なんか心理描写がすごく面白かった。
主人公と相手役の人がよく喋るから、
他のジブリ作品より伝えたいメッセージが強い気がした!
自分がだいぶ年上になったから少しわかる映画なのかなとも思いました。

小さかった頃の思い出
思い出すのは
嫌だったこと悔しかったこと傷ついたこと
嬉しかったことドキドキしたこと
大人に言われて理不尽だと思ったこと
これってすーごいわかるよね!

女の子と男の子が考えることは全然違う
これってほんとなのかな?
気になるー。

てかもうやになってきちゃった、顔洗って寝ます。


| 2011.02.16 Wednesday | 映画 | comments(0) |