Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>






qrcode





いらっしゃいませ♪
アクセスカウンター
いらっしゃいませ、welcome to my blog! Author:やさぐれ猫 

※すべて私の個人的意見+妄想なのでご理解お願いします。読みたくない方は戻るボタンをクリック!Recount from 2015.01.23

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2019.02.04 Monday | - | - |

ロワール地方のお城
14:56


シャンボール城
フランソワ一世の作ったロワール最大の城。
イタリア様式の豪華な建築。


狩猟用だったらしいがお庭がどこまでも広くて緑がいっぱい


シュノンソー城
お城の中につながる水路がある(右のトンネル)。
橋の上は白黒タイルの細長い踊り場。
代々の城主が女性だったことから「6人の女の城」とも呼ばれる。


ル・クロ・リュセ
ダヴィンチ先生終焉の館
ここでモナリザや聖ヨハネは描かれたんですね。


リュセの館からの眺め。
素敵な田舎。
館の中には友人であったフランソワ一世の城
シャンボール城に続く地下通路があったんだって。

| 2011.04.15 Friday | フランス旅行 | comments(0) |

コンシェルジュ・ユゴー記念館
14:23

マリーちゃんの捕まっていた牢獄 コンシェルジュ


マリーちゃんの部屋を模した部屋がありマネキンが寂しげに座ってます。


外見:川や橋があって逃げられなくなっています。

さてこちらはユゴーの住んでいたアパートをユゴー記念館にしたところ。

リビングはユゴーのデザインで中国風になっています。


豪華ですねぇ。


フランスの作家
ヴィクトル・ユゴー

ぼんじゅーる(○´∀`)ノ

| 2011.04.15 Friday | フランス旅行 | comments(0) |

凱旋門・ノートルダム大聖堂・セントチャペル
14:19
 

凱旋門上からの眺め↑


ノートルダム聖堂


有名なバラ窓


マリアさんが神々しい


綺麗な建物


セントチャペルのステンドグラス ガラスの小箱のようと称される

| 2011.04.15 Friday | フランス旅行 | comments(0) |

ベルサイユ宮殿とマリー・アントワネットの庭
13:29
 
豪華な鏡の間


お部屋が可愛い♪(警備の人が・・・)

ここからマリーちゃんの庭↓

水車小屋


池と花とミニ塔


やぎとかうさぎとか鳩とか飼ってたんだよ

もうときめきますよね。
いるだけでときめきました。

| 2011.04.15 Friday | フランス旅行 | comments(0) |

ルーブルの写真
14:02
ルーブル美術館で撮った写真を何枚か公開するよん

ニケ 佇まいがかっこいい。

ダヴィンチ作 聖ヨハネ 怪しいやらイケメンやら。神がかってます。

ダヴィンチ作 岩窟の聖母 綺麗な絵だー

これもダヴィンチ作と言われてるよ。

モナリザちゃん

フランス勝利の女神

ジャンヌダルク

ナポレオン戴冠式

豪華絢爛

ナポちゃんちのリビング(会議室も兼ねる)

ルーブルのCafeにて マカロンって長いのね!

なんだいそれかっこいい!!(頭の上に注目)

天井がすごいよ

これも有名らしい 天使が


時間があったらまたUpするよー
次回はベルサイユ宮殿!だね。

| 2011.04.02 Saturday | フランス旅行 | comments(0) |

無事帰宅
20:24
いろいろありましたが無事アメリカに帰ってまいりました!
部屋が心地いいです。
いやーパスポートの期限が近かったんで
もしや入国できないんではないかとひやひやしましたが
嘘も方便。笑顔でどうにか通過。無事帰国(帰宅?)

6泊7日Parisの旅。
泊まったホテルはメトロ14番線のBibliotheque駅に近い
All seasons Tolbiac っていうホテルでした。
Tolbiacって通りに面してるからTolbiac Hotel。

朝ごはん付だったので 
しぼりたてオレンジジュースとココア
クロワッサンとチョコデニッシュ
ハムとチーズが美味しかった!!
毎日同じメニューだったけど美味しいから文句なし。
部屋はベッドが大きいおかげで狭い。
でもワイヤレスつながってるし、フロントの人優しかったしおk。
駅まで徒歩3分以内。近い。
RTRC線がつながってたからベルサイユまで一本で行けたよ。
近くのパン屋でサラダやサンドイッチ買って食べてました。

とにかくレストランが高い笑
笑ってしまうくらい高い。一人前20ユーロ越えはざらでしたねw
珈琲やジュースも5ユーロ6ユーロ。。(600円とか)
オムレツが8ユーロ。(900円とか)
いやいやいや高い。お金が飛んでいく。
ということでスーパーなんかで物買って食べてました。質素な食事。

ベルサイユ宮殿は本当に楽しかった!
マリーちゃんの時代に思いをはせました。
個人的に一番気に入ったのは
マリーちゃんの作った田舎風の可愛いお庭と
超豪華鏡の間!
この対比。マリーちゃん可愛すぎる。
嬉しくて走り回って写真撮りまくって疲れ果てました。

そしてなんといってもハイライトは
世界で一番会いたかったモナリザに会ってきた!!

すごい数の人が彼女に会いに来ていて
人を押しのけ一番前へ

彼女は
ものすごい優しく笑っていた!

今まで見たどんな写真の中より綺麗
10年前に研究した本の中で笑っていた人
私をダヴィンチへ導いた人

穏やかな青と緑と黄色の景色
映える黒 肌色
優しい顔

しばし呆然とした
ずっと会いたかった人に会えたらきっとこんな感じ。
10年越しの片思い。

車椅子だと柵よりもっと近くで見れる。。
この時ほど車椅子に乗りたいと思ったこと無いよ。

ルーブルには他にもダヴィンチ作品があって
洗礼者聖ヨハネ 岩窟の聖母なんかがありました。
どれも綺麗で・・謎なくらい人を魅了する絵!
写真で見たものが本当に見れて本気で嬉しくて感動してしまいました!
見たかった聖アンナと聖母子は残念なことに修復中でした
でもこれでまた来る理由が出来た。
ルーブルはすごい。世界一の美術館。
絵で出来たお城のようでした。

ロワール古城めぐりなんかもツアーでしまして
御伽話に出てくるようなお城、ディズニーランドを思い出すお城。
綺麗さ豪華さにただ圧倒される。

私のテンション最高潮はダヴィンチ終焉の館クロ・リュセ。
「ここがダヴィンチがアトリエとして使っていた部屋です」
ここでダヴィンチ先生はモナリザを聖ヨハネを聖アンナと聖母子を描いていた!!!
なんてことだ!!!
行きたかった二階(ダヴィンチ先生の無くなった寝室)は修復中で行けなかった〜・・
まぁまた来るよ!!

緑豊かな穏やかな田舎でした。
大好きなイタリアから離れてフランスの田舎で
弟子達と支持してくれたフランソワ一世のお城の近くで
静かに絵を描いて思想をめぐらして暮らしていたダヴィンチ先生。
綺麗なとこに住んでいたんだなぁ。

とても楽しかったフランス旅行。
写真は疲れたのでまた今度。。

| 2011.03.27 Sunday | フランス旅行 | comments(0) |

フランス到着
07:21
どーもーフランス着きました!
約11時間飛行機の中・・・長旅だった。
まぁ9時間寝てたんですけど。
おかげで背中と首中が痛いです いたた。
PARIS!と思ってハイテンションで乗り切ります。

CDG空港で無事に母と合流できました。
母英語できないで一人でつっ立っていたので
いろんな方に心配されたみたい笑
私の到着ターミナルが2Aで母が2Eだったので遠かった・・。
でも無事会えてよかった!

今日はもう疲れていたので
チェックインする前にホテルの周りを散策して
スーパーへ行って食材買ってみたり
みんながフランスパンを抱えてでてくるパン屋を見つけたり
可愛い船のレストランがあるセーヌ川を眺めてみたり
本の形をしていると噂の国立図書館を見たり
そんなことをして一日が過ぎました。

時差ぼけです。
今こっち夜中11:30なので寝なくてはいけませんが
元気になってしまった。

明日は朝からルーブル美術館へ行ってきます!
待ってろモナリザ!

| 2011.03.21 Monday | フランス旅行 | comments(0) |