Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>






qrcode





いらっしゃいませ♪
アクセスカウンター
いらっしゃいませ、welcome to my blog! Author:やさぐれ猫 

※すべて私の個人的意見+妄想なのでご理解お願いします。読みたくない方は戻るボタンをクリック!Recount from 2015.01.23
<< 最低 | main | お花見 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2019.02.04 Monday | - | - |

今日の夢
00:38
今日も今日とて妄想爆発。
折りたたみ。



石田さんの彼女な設定。

同棲してて石田さんちに住んでおり、
二人で真っ白なチワワ二匹飼っています。
オスとメス。
(石田さんは動物の毛アレルギーだがまぁそれはシカト)

そのメスわんこが妊娠したらしい!
おなかが大きい!
しかも出産が近いようで、苦しそうだ!
ということで心配でそわそわしているお父さんわんこもかかえて
二匹とも病院に連れて行く。

くっつきあってる二匹。
母わんこを先生に預けて、父わんこと石田さんと待合室で待つ。
心配と緊張で気が気でない私と石田さん。
何事もなく夜になり、疲れてくる私。
先生に今は安定してますがいつ出産になるかわからない、といわれる。

石田「一回家帰ってきてえぇよ。疲れたやろ?」
猫「あ・・・うん。ちょっと疲れた。家で着替えてくる・・・。」
石田「うん、俺待っとるから。」

ということで一人車を運転し、家に一時帰宅。
家に着いてシャワーを浴び、一息ついているところで、携帯がなった。
焦って電話に出る。

猫「もしもし?」
石田「あ、俺やけど」
猫「どうしたの?」
石田「よ、容態が急変したらしくて、もう分娩するって」
猫「えぇ!?ど、どうしよ?」
石田「戻ってくるやろ?」
猫「うん、ちょっとかかるけど、すぐ戻る!」
石田「あ、焦らんで、運転気ぃつけてな。」
猫「うん!」

電話を切る。石田さんが一番焦ってる。
わんこの傍にいてあげたい。
寝間着にジャケットを羽織り、車を飛ばす。
ようやっと到着し、スリッパのまま待合室まで走る。
看護婦さんが立っていた。

猫「はぁはぁ・・・!す、すいません、うちの子、どうなりました!?」
看護婦「あ、石田さんの奥様ですか?よかった、もうだいじょぶですよ^^」
猫「え?」
看護婦「先ほど、無事出産しましたよ。」
猫「えぇ!」
へなへなと力が抜けてしゃがむ。
猫「よ、よかったぁ〜!」

看護婦さんに見せていただくと、
母わんこのおっぱいに吸い付く小さな赤ちゃんが。。
犬がやりきった的な母の顔をしておる。
父わんこは赤ちゃんに触らせてもらえないのでうろうろしている。
猫「お前、がんばったなぁ・・・。」
母わんこをなでる。嬉しそうに指を舐める犬。ちょっと泣きそうになる。

と、我に返り、後ろを振り返ると、
私よりも俄然目を真っ赤に腫らした石田明が
待合室の緑のソファーにちょこんと座っておりました。
私はそれを見て爆笑。

石田「えがったなぁ・・・(涙)」
猫「あははははは!!!」
看護婦「病院ですのでお静かに笑」

ここで起きた。笑
なんで犬飼ってる設定だったのかな?
NON STYLE 12のせいかな?
とにかく感動しいですぐ泣いちゃう石田さん好きです。

あ、宿題やらなくちゃ。
| 2012.04.06 Friday | | comments(0) |

スポンサーサイト

| 2019.02.04 Monday | - | - |
Comment